2006年02月19日

日本語ローカライズについて思うこと

国内では、E-WA 氏を筆頭に、多くの方のボランティア活動によって、数多くの公認・非公認の日本語リソースが作成されている。
先日、とあるソフトウェアをローカライズしたところ、既に日本語ローカライズをやってくれる人を見つけていたとのことだった。
この事自体は、非常に喜ばしいことでありなんてことはないのだが、極端に言うと私の作業が無駄だったわけである。

現在の所、日本語化されるものは基本的には各ローカライザーの任意か、もしくは某巨大掲示板の 「これを日本語化!な OS X アプリ発表会」 というスレッドにローカライズして欲しいソフトウェア名が書き込まれ、ローカライザーの誰かが反応するという図式になっている。

常々、情報の共有を!と、ことあるごとに啓蒙している自分にとって、bitchvalley 氏が運営されていた iLocalizes というサイトが無くなってしまったのは非常に残念に思う。
わたし自身は、そのころは一利用者に過ぎなかったので、どのようなサイトだったかは記憶に定かではないし、どのような経緯で消えてしまったのかも知らない。
また、私を含め某巨大掲示板というだけでやや難色を示す方もいると思う。
だからこそ、今一度(サイト名は別として) iLocalizes の復活を切に望むのである。

そもそも、ローカライズするに当たり基本的にはアップルの用意したグロサリーを使うのだが、そこに掲載されていない単語などもままある。
こういったものは、自分で任意に翻訳するしかないのだが、こういう単語だってデータベース化していけば、ローカライザー毎の労力が軽減されることもさることながら、訳語の統一と言った品質の向上も望めるだろう。
なんとか、皆でうまく共存共営できるサイトを作れないものだろうか。


posted by takeshi at 06:19| Comment(2) | TrackBack(0) | misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BlueHarvest 1.0

BHIcon.jpgWindows など他のOSのマシンには無用な、DS_Store ファイルとリソースフォークファイルが作成されるのを抑制したり、削除したりする環境設定パネルの BlueHarvest 1.0 (shareware/$US10/10 User Pack=$US90) がリリースされています。

このバージョンより、正式にシェアウェアになりました。
1.0 での変更点は以下のとおり;
続きを読む
posted by takeshi at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Official Releases | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

File Juicer 4.0.2

File_Juicer_128.pngAutomator にも対応し、ファイルに埋め込まれた画像やムービー、サウンド、テキストを取り出せる File Juicer 4.0.2 (shareware/$9) がリリースされています。
対応する、フォーマットはこちら
拙訳日本語リソースが正式採用され、日本語環境に対応しました。
(以前も、一部日本語になっていましたが、作者が自力で日本語対応の Apple 製アプリから抜き出して作っていたそうです。)
続きを読む
posted by takeshi at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Official Releases | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chax 1.3.1

chax.jpgiChat を多機能にするバンドルプラグイン Chax 1.3.1 がリリースされています。

1.3.1 での変更点は以下の通り:続きを読む
posted by takeshi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Official Releases | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

FolderGlance 1.7.6

FolderGlance.png階層を辿って目的のファイルやフォルダを開けるようにするコンテクストメニュー+環境設定パネルの FolderGlance 1.7.6 (donationware, $5) がリリースされました。
前バージョンより、正式採用となったため既に日本語リソースが含まれています。
ですが、フォルダ名がリネームされているため、デフォルトでは日本語リソースが適用されません。
〜/Library/PreferencePanes/FolderGlancePrefs.prefPane/Contents/Resources
内にある、ja.lproj を Japanese.lproj にリネームすると日本語リソースが有効化されます。
自己責任にてご使用ください。

1.7.6 - This is a localization update, featuring new localizations into French, Polish and Italian, as well as an updated Japanese localization. Stay tuned for a Universal Binary edition!

ということで、ローカライズデータのアップデートのみの様子。
また、この後Universal Binary 化を行うようです。
posted by takeshi at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Official Releases | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。